BLOG

阿寺山BC 新規ルート開拓の道2023年1月30日(月)

1/29
大雪になるとの天気予報を耳にし
前日から除雪するも、早朝に外に出るとビックリ!だ
膝上までの積雪で車動けず
4時半から除雪するはめに
1時間ほど駐車場の雪をかたずけて、向かうは三国川ダム
そう、この日はZ君とTさんと自分の3人で阿寺山へバックカントリー
大雪により予定より1時間遅れてのスタートとなってしまった。
Z君は予定通りに到着していたようで、すでにラッセルで道付けしていてくれていた。
Tさんも、自宅の除雪が間に合わず今回はキャンセルとの連絡
この日はおそらく24時間で1m近く積雪があったと思われる
豪雪地域とはいえ、ここまで積もるといろいろなハプニングが起こるのは仕方ない。
雪が舞うなかZ君のトレースを追っかけて歩く
雪深く、膝上ラッセルだ。果たして1508mの頂上まで辿り着けるのか・・・
ハードな一日となる予感WW
除雪されていない道路を進むと、冬の三国川ダムが目に入る。
人気のない静けさの中、大きな建造物が不気味にも見える。
阿寺沢に曲がりしばらく歩き、とりつきに到着するとその先の斜面にZ君の姿が見えた。
急斜面なのでジグをいくつもきって登っているが、深すぎていつも通りには進めないようだ。
軽く挨拶をかわし、名乗り出てラッセルを交代した。
「・・・・」
言葉がでないほど、キツイ
そう雪が深すぎて、板の先があがらない。
ここまで深いラッセルは経験がないのもあるが、まず体力がもたない。
というわけで誠に心苦しいがZ君にほとんど先頭を歩かせてしまったこと、
自分の無力さを実感しました。
8時ころになると、空が明るくなり始め雲の隙間から陽が射す。
雪の予報が外れて、まさかの青空に
途中でサングラスと日焼け止めを身にまとった。
冷たさでキンキンの指先も、グローブを外しても暖かいほどに
お天道様の有難味を知る。
遠くには三国川ダムの水面がゆらゆらと柔らかく陽を反射しているのが美しい。
バテながら、雪が風で飛んで比較的歩きやすい稜線を選んで登る
12時になって、お腹も空いたところで昼食をとると、遠くから叫び声が聞こえた。
どうやらキャンセルしたはずのTさんが雪が止んで太陽が出たことにより奮起し、追っかけて登ってたのだった。
ここから賑やかに3人で登るも13時、1200m手前で撤退
これ以上進んでも、時間的に厳しいとのZ君の判断。
はい、私も同意見、というか足がもげそうですWW
ここからご褒美の滑走、と言いたいのですが、雪深すぎてトレースから外れるともう埋もれて進めないほどのバフバフディープパウダー
危険なので、ボブスレーで下山
なかなかタイトなツリーラン、そして細い尾根と風で作られた凸凹に難しい滑走を強いれて
なんとか無事に下山
過去で一番キツイBC経験でした。
バキバキになった体を千年の湯に浸らせて、家でビールで乾杯
筋肉痛が心地よい。

1時間遅れて7時スタート
Z君はすでに先を進んでいた。

Z君の後を追う、それにしても深いラッセル跡
きっと苦労しているに違いない、急げ!

ガスが抜けて突然現れたダム
まるで要塞

Z君に追いついた

まさかの青空、激しいラッセルに沈みかけた気持ちも晴れる

稜線のたどり着くと、ダム湖が眼下に
素晴らしい景色

ここからずっと尾根歩き
雪庇が怖い

ここからダム方面に落とすもアリかも

自然は偉大だ

Tさんも合流し、テクニカルな下山を楽しみました。

アラジンのストーブ2023年1月26日(木)

1/26
10年に一度の大寒波が襲来?? ほんとかよって思っちゃうのは私だけ?
一生に一度のお願いを何回も使う自分だけあって、そのキャッチフレーズ信じられんWW
十日町はというと、たいして雪の量はあちこたねぇってくらいだけど
寒さは確かにハンパないです。
いつもより着る服を増やして仕事してます。
家に帰ると、アラジンのブルーフレームのストーブが廊下で待ち構えてくれてます。

この青く揺れる炎を見ているとなんだか癒されます。

ちっちゃくて持ち運びもしやすいし、停電の時でも使えるので
おすすめ。

松之山のCAFEへ

つい先日
嫁さんと松之山温泉にてリフレッシュしてきました。
松之山温泉のお湯って、しょっぱくてお肌に良さそう。
1時間半も浸かり、すっかり温まりました。
せっかくなので温泉街をぶらぶらすると、なんだかシャレオツなカフェらしき装いの建物発見!

珈琲をいただくことに

窓の外はまるで水墨画のような雪景色
FEEL SO GOOD!
気に入ったWW

おだまき山の会 雪崩講習会2023年1月17日(火)

1/15
いわゆる小正月
一般的にどんと焼きなどの行事に出向いた方も多いのではないでしょうか。
おだまき山の会では恒例行事で、雪崩講習会を開催
コロナで3年ぶり?だったかと
毎年ほぼ同じ内容の講習だけど、毎回失った記憶が蘇ります。
やはりこの手の講習は雪山に入るものとしては必ず受講するべきだと思っています。

実技の実習は、アバランチビーコンを使っての埋没者の捜索

以下、学んだこと
ビーコンの電池は70%切ったら新品に交換しましょう。
雪崩が発生し、救助が必要となった場合は、まずはリーダーを決めます。
リーダーは何人埋没したか確認、捜索する人に指示してビーコンをサーチにするよう命令
ビーコンサーチは無駄に多くても混乱する場合はオフにさせます。
ダッシュで電波を拾うまでジグザクに進みます。
電波を拾ってから10m付近まではビーコンは胸元に水平に持ちます。
体は冷やさないようにアウタージャケットのファスナーは閉めて、ビーコンはジャケットの下から引っ張り出すのが基本
10mに近づいたら、ビーコンは膝の高さにしてゆっくり進みます。
2.5m以下は、ビーコンは送信器の方向を示さなくなるので、延長線上に目標物を定め最接近したところでプローブを刺し目印を立てます。
埋没者にヒットしてなければ、そこからナルト上に25センチ間隔で斜面に垂直にプローブを数回刺して探し
それでもヒットしなければもう一度ビーコンで確認
ヒットしたら、そこが埋没者の胸元に近いと判断し、スコップで急いで掘り出します。
他の人は、かきだした雪を傾斜の下に放り投げて補助
埋没者の顔が見えたら、呼吸しているか口の中に雪がつまっていたら取り出して気道を確保
呼吸していないなら人工呼吸と心肺蘇生
低体温症が疑われる場合は、体の濡れを対処し風の当たらないところで厚着やツェルトをかぶり、暖かい飲み物を飲んで体温があがるように対処
自力で下山が難しい場合は、警察か消防に救助を要請します。
その日に救助できない場合は、雪洞を掘ってビバーク

私の知識ではこんなところでしょうか・・・
山には極力大勢で行かないと救助難しいですね。

阿寺山BC2023年1月14日(土)

1/9
3連休の最後、天気も良さそうなので阿寺山に単独行でバックカントリーに出かけた。
すでに前日、Z君が登っており、上部は雪質良かったと聞いていたのでまずハズレはないだろう。
7時に広堀川橋スタート
6時ころには雨だったが、1時間待機しているうちにやんだ。
前日のトレースがバッチリついていたので、そちらを拝借。
心配していた積雪は藪が気にならないほど積もっている。
この山は最初から最後まで急斜面なので、標高1508mな割に難易度は高い。
しかも一部やせ尾根のため、気を付けないと滑落の危険も高い。
高度が800mを越えると、重い雪がサラサラパウダーに変わった。
Z君のいう通り、上部の雪はフカフカで冷凍保存間違いない。
俄然やる気でみなぎる。
しかし、今日の阿寺山のサラサラ粉雪はシールが全く効かない
急斜面ではズルズルさがるので手こずる。
仕方なく、クランポンを装着してなんとか山頂まで
ちょうど日が差して視界が広がる。
越後三山に巻機山、景色が素晴らしい。
おにぎりが余計にうまく感じる。
単独行なので、ゆっくり登ったおかげか、疲労が少ない
スノーボードで快適に下れた。
800mから下は雪が重く、やせ尾根に木々が混み合っているのでまさに修行
12時30分、無事広堀川橋に到着した。
駐車スペースには自分の車しかなかったことをみると、終始一人で山を独占していたのか。
贅沢な一日でした。

スタート、誰もいない

藪は気にならない

山頂まであと少し

八海山の入道岳が近い

こっちは巻機山

山頂が見えました。
下山。やっぱりひとりボッチ

巻機山BC2023年1月8日(日)

1/7
巻機山BCしてきました。
早朝6時にスタートとなる駐車場に集合のはずが、洗濯した帽子が見当たらず15分も遅刻
前日に準備しておくべきだった。Z君待たせてごめんね。

薄暗い中、トレースを借りて
先行で数名いるようだが、トレースは前日のもっぽい
月が見えている、雲がないのだろう。いい一日になる予感で胸が高鳴る。
今シーズンは雪が少ない南魚沼だから、井戸の壁の藪が心配

巻機山登山口の小屋の屋根には人の背丈並みに積雪がある
これならきっと藪も気にならずのぼれるか

壁を登って樹林帯に
気温はあがらず寒いので、あえて休憩は省いた。
ウエアを着たり脱いだり、体温調節が難しい。

お久しぶりです、天狗岩

先行のパーティーを追い越して、トップ?に
この日は前巻機の急斜面、いつもはシールで登れないのにこの日はクラストしておらず登りやすかった。
重いアイゼン置いてくりゃ良かったです。

今シーズン初のモンスター
避難小屋は雪で埋まっていて、もうどこにあるのかわからない

ついに山頂見えた。
それにしてもいい天気。
風もないので快適

マッキーあけましておめでとうございます。

足攣りながらもなんとかピクリました。

 

 

 


いやーーーーー
とにもかくにもこんな快適な山滑走はなかなかない
まさにTHE DAYってやつですね。
駐車場に戻ると激混み
いつもの巻機山になりました。

下山飯は麵処清水の特製煮干し塩拉麺
こっちもFEEL SO GOOD!