BLOG

キャンプツーリング2日目2021年7月20日(火)

IMG_4432
キャンプ二日目
目を覚ましてキャンプ場を見渡すと、結構な混雑
これが第2次キャンプブームというやつか~
IMG_4433
朝食はいつもNさんが作ってくれるので甘えてしまう。
IMG_4438
今回はホットサンドで、トーストにチーズと肉ダンゴを挟んで焼いた
IMG_4439
カリカリでうまい
IMG_4446
日陰は涼しいけど、ひなたは日差しが差して痛い
IMG_4447
毎朝は恒例の温泉めぐり
去年と同様、七味温泉へ
IMG_4448
やはり温泉の質が良好で、ついついここに足を運んでしまう
IMG_4450
その後、小布施の手打ち蕎麦処かなえへ
IMG_4452
入り口には行列が
暑いので辛いが、美味しい蕎麦を食べるにはこれくらいの我慢はしないとね
IMG_4458
十割蕎麦は蕎麦の薫りが強くて大好き
辛味大根がこれまたいいアシストをしてくれている
IMG_4459
ご馳走様でした。感動の御蕎麦でございました。
星三つ~
IMG_4460
そしておすすめだという穴場的温泉へ連れてってもらったが
まさかの日曜定休~(;´Д`A “`
まさに穴場だ

山田牧場キャンプ場2021年7月19日(月)

7/17 予定していた高校野球の応援もなくなってしまい、喪失感だけが残ってしまった週末
猛暑ではあるが、家でゴロゴロも辛い
登山は熱中症にかかるので危険だし
バイクで避暑地までキャンプツーリングしたいと思いNさんに連絡をとった
いいジンギスカンの肉が手に入ったから行ってもいいよとのこと
行先は去年もキャンプした山田牧場
1400mの標高ならきっと涼しいはず
IMG_4417
キャンプ場までの道のりは灼熱の地獄
道路の電光掲示には36度と表示されている。
やばい、早く山に上がりたい。
IMG_4415
長野までの道路はさいわい信号が少ないのでまだいいけどね
IMG_4411
道の駅でソフトクリーム、スイカを食べてクールダウン
サンダルの片方を落とすというハプニングを乗り越えて16時キャンプ場に到着
やっぱりここはかなり涼しい
体感では25度くらいかな。
IMG_4419
17時に閉館するセリバンさんに急いで受付
ここの温泉の質は濃いうえにぬるめで今日のような暑さの日にはもってこい
IMG_4423
露天風呂 さいこー
IMG_4425
汗を流した後はジンギスカンターーーイム
風呂上がりにてビールがすすむくんだ。
IMG_4428
すっかり暗くなり、ランタンの灯りがエロくてGOOD!
IMG_4430
ヴインテージガソリンランタンはエロい
隣に置いた俺のスノーピークほおずきLEDランタンがしょぼく見えるWW
雲もなく星空がよく見える夜
下界は大変な暑さだったけど山の上は天国でした。
山田牧場はユートピア

醸す森は最高でした。2021年7月12日(月)

知ってましたか?
「使っ得!にいがた県民割キャンペーン」にて県内旅行がお安くなるらしく
宿泊で最大5千円の割引にさらに2千円のクーポンもついて合計7千円も得しちゃうとか
マジ!
とにかく驚くほど激安だ。
IMG_4391
行ってきたのは松之山にある「醸す森」
フレンチのコース料理が自慢の宿です。
IMG_4367
メンバーは、NさんとTさんと私のダンディなおじさん3人組です。
まわりはイチャイチャなカップルさんたちばかりでなんだか申し訳ない雰囲気WW
IMG_4370
でもおじさんたちは酒が入れば気にもなりません。
まづは白ワインで乾杯
IMG_4372
どうやら5品でてくるようで、楽しみ
IMG_4373
くったことねぇものばかりで説明もできません。
IMG_4374
とにかく斬新でもちろん美味しい
IMG_4376
とうもろこしの冷製スープ
お上品でございます。
IMG_4378
魚料理が感激でした。
鱗まで手が加えられてどこを食べても美味しい。
IMG_4383
メイン登場、肉はやわらかく赤ワインにぴったり
IMG_4384
デザートも上品。凄腕のシェフが作ってることは間違いありません。
IMG_4385
翌日の朝食は和食でした。しそとニンジンと甘酒のドリンクが個性的で印象深い
すでにここでお腹いっぱい
宿泊から食事、そして2本のワインを3人で割り勘して一人1万円もかからないというコスパの良さ
ビバ 使っ得割。新潟県民でよっかた~
IMG_4394
さらにこの後、板倉町の有名なジェラート屋さんでほうじ茶のソフトをいただき
IMG_4395
さらに高柳の澤田屋でジンギスカンを食しグルメの旅は終了
お腹が破裂寸前(+_+)

以上 デブ活な二日間でした。

阿賀野市 菱ヶ岳~五頭山周回2021年7月8日(木)

7/4 阿賀野市の菱が岳~五頭山の周回登山行ってきました。
なんでそんな遠くに?って思われますが、この日は北に上がるほど晴天率が高い
雨の登山ほど辛いことはないですよね。
8時前には登山口に
IMG_4184
登山道は整備されていてとても歩きやすい山ですね。
山頂までは見晴らしは良くないけど、その分日陰で日射を避けれて疲れにくいかも
IMG_4188
今回、付き合ってくれたKさん
数年前に火打山にいった以来で2回目
単独もいいけど、やはりおしゃべり登山は楽しいですね。
IMG_4199
花が少なかったのが残念なところでした。
わずかに収めた花の写真になりますが、なんの花かはわかりませんW
IMG_4216
7時49分に登り始めて、10時28分菱ヶ岳山頂へ
2時間40分で登りました、7合目からきつくなりましたが変化があって楽しい道のりの印象です
IMG_4219
山頂からの景色はガスで視界不良 残念( ノД`)シクシク…
それでも五頭山までの縦走路では景色も見渡せるところも

12時23分 五頭山到着
やっと着いた~
IMG_4275 (1)
マンダムにひたる
IMG_4277 (3)
あとは下るだけ~
熊出ませんように
IMG_4284 (10)
下りも整備された道で歩きやすかったなぁ
山を下りて近くの村杉温泉薬師の湯で汗を流しました。
IMG_4272
大人250円とビックリするほどのコスパの良さ
シャンプー、ボディソープは別料金なのでご注意を
IMG_4274
入浴後は高速で帰宅
途中で寄った小千谷つり吉の醤油はウマーベラス

ああ しあわせ~

予定を変更して唐松岳2021年6月23日(水)

6/20
白馬岳に登る予定が、諸事情で唐松岳に変更
もっと下調べしとくべきでした。
登山計画書はヤマップで提出し、山岳会には変更のLINEを送った。
八方尾根スキー場のゴンドラで八方池山荘まで登り、ここから歩き始める。
IMG_4045
すこしガスがかかっているけど山頂方面は視界良好
ひんやりと空気が涼しい
IMG_4054
視線を横にやると白馬岳が見える。
白く残った雪が狙っていた大雪渓
なんだか遠く感じます。
IMG_4057
いつも気になるケルン
これ狙って人の顔っぽくしたのか?それとも意図せず?
すかした顔してるぜ
IMG_4058
八方池はまだ雪が解けていない
IMG_4062
写真に残すも雪が邪魔してイマイチだ
IMG_4065
綺麗なお花が咲いてました。何かはわかりません
IMG_4068
ミヤマリンドウ
IMG_4070
ハクサンチドリ たぶんWW
IMG_4071
標高2300付近から雪渓現れる
12本爪アイゼン持ってきましたが、軽アイゼンで十分でしたね
IMG_4077
不帰嶮と書いてかえらずのけん
ここに来たら帰れませんよって意味なのかな?
見るからにやばそうです。
ここをバックカントリーで滑るのが夢です。
IMG_4087
11時45分ピークハント
約3時間の登り、楽しかった~
IMG_4114
コンビニで買ったお粥が意外と美味しかった。
IMG_4098
ここから見える五竜岳までの稜線が美しいですね。
連休でもあれば縦走したいルートです。
IMG_4119
白馬岳行けなかったのは残念でしたが、予定を変更して登った唐松岳は歩きやすくて美しく、おまけに天気も恵まれてと三拍子そろっちゃって、まだ中ノ岳の疲労がとれていないなかでの夏山のシーズンインにはちょうど良かったかも・・・
家に帰ってビールを飲んだら寝不足もあって秒で落ちましたWW

エブリィバン初車中泊2021年6月22日(火)

あごすけで夕食をすまし、高速で糸魚川まで
そこから148号線で白馬村へ車を走らせた。
新潟からだと近くはないし、夜の運転は何かと疲れる。
夜中の23時、白馬村のローソンで珈琲を買って休憩し、そこから猿倉方面へと再び車を走らせた。
国道322号線へと上り坂を登れば猿倉荘、駐車場は50台くらい停められるらしいがはたしてどんなところなんだろうか?
初めてなので不安でいっぱいだった。
そんななか道路がバリケードで封鎖されている。
看板には雨のため全面通行止めと書かれていた。
しばらく状況が呑み込めず、コンビニに戻ってスマホで情報収集すると
どーやら白馬大雪渓、白馬鑓温泉ルートは通行止めで今年度営業はせず。白馬山荘・五竜山荘・白馬大池山荘・キレット小屋・栂池ヒュッテ等は7/15まで営業しないらしい
んんーーー 困った。
仕方ないのでひとまず道の駅小谷まで戻り
そこで車中泊をして行先は翌日に考えることにした。
初めての車中泊だがエブリィバンのフラット化した荷台はまさに快適なベットで申し分ない
ネットで安く購入したプライバシー断熱シェードをガラスに貼り付けるとそこはまさに俺の部屋
ポツポツと小雨が降ってきたが、暑くもなく寒くもなくどうやら不快感はゼロ
明日は、雨飾山にしようか、栂池から白馬大池経由で小蓮華山、それとも八方から唐松岳もいい
地図をみながらシェラフに覆われて目蓋を閉じる
ゴ~~~
国道を飛ばす車の走行音が耳にうるさくて何かと気になる。
意外と繊細な自分にビックリだ。
耳栓が欲しい
真剣にそう思った。
寝酒でも飲めば良かったのだが、翌日お腹を壊したら山では致命傷だしな~
IMG_4043
結局一睡もできずに朝を迎えてしまった。
まぁこんなもんだよね~
トライ&エラーを繰り返して進化できるもの
次からは耳栓持っていきますよ。
身支度していろいろ悩んだ結果、八方尾根からの唐松岳に行くことにしました。
予定が変わったような時は無理すると事故につながりやすいから、軽めでよく知ってる山が安全ですから~
寝不足ではありますが、八方尾根スキー場のゴンドラにつけばテンションは回復
興奮でだるさも吹き飛ぶ自分がそこにはいましたとさWW